塾講師のバイト

塾講師に社会人より大学生などのバイトが多い理由ですが、子供と年が近いというのがあげられます。
年が近いと、「先生」というより「お兄ちゃん」や「お姉ちゃん」という雰囲気なので、親近感が持てるようです。
年が近い方が、勉強の合間に会話する際の話題なども合わせやすいでしょう。


また、大学生なら受験からそう年数が経っていませんから、子供達に自分が受験したときの話をしてあげることができます。
自分も苦労して、努力の末に大学まで進学したことなどを話せば、子供達に共感してもらえることも増えるでしょう。


塾にはさまざまな種類があり、少人数制の「個別塾」と集団に教える「グループ塾」、有名校への合格を目指す「進学塾」などがあります。
どの塾で教えるのが向いているかは、その人の性格によります。
リーダーシップのあるタイプなら、カリスマ講師になるのも夢ではありません。
マンツーマンでしっかり教えたい場合は「個別塾」、みんなでワイワイとにぎやかに教えたいなら「グループ塾」あたりが向いているでしょう。


大学に入学したばかりで過去に塾で働いた経験のない、いわゆる「未経験」の人の場合は、研修制度のあるようなところのバイトが良いかもしれません。
また、しっかりしたマニュアルのあるところなら教え方が決まっているので、スケジュールが立てやすそうです。
いずれにしろ向き不向きがありますから、最初に複数の塾を見学するなりして、自分の個性に合った塾をお探しください。

Copyright © 2014 塾講師のバイトを始めよう! All Rights Reserved.